2019.1.24② セブ旅行記

3日目の続きです。

セブで一番うまい物を食べた

ツアーから帰ってきてお腹もすいていたので、一日目の夜に行ったP.カバンタン通りに。

ここにめちゃくちゃうまいスープ屋さんがあると聞いたので行ってみた。
ちなみに月曜~木曜までしかやっていないし、スープが無くなり次第終了という感じで、P.カバンタン通りの中では中々すごい系のお店なのではないか、、!!

img_6008-1

勿論お店の名前はない。

あるのかもしれないけどわからなかった。

お店の前には3つの鍋が並べられていて私はツナと言われたやつを食べた。

これがまじでうまい。

img_6009

セブで食べた中でいちばんおいしかったかもしれない。感動もんにうまかった。
話しを聞くところによると、開店直後はすごい並ぶらしく、はじめの方のお客さんには魚の頭が付いてくるそうだ。

テーブルには唐辛子が置いてあって、それを自分で好きに入れて辛さを調節するみたい。
ご飯は当たり前に大盛りで来ることを悟った私はスモールと連呼。

そこそこ良いサイズのごはんをスープで流し込んだ。

美味しい物食べると泣きそうになっちゃう

【住所】この辺の並び
【営業時間】月~木の17時か18時頃からスープ切れまで

ここのおじちゃん、たぶん自分の作るスープに相当の自信をもっているから、おいしかった!とか声をかけるとめちゃくちゃ嬉しそうな顔する。

良い。

マッサージに行ってみる

二日目に続きセブでは300ペソ(600円)くらいでマッサージが受けれます。

チェーン店のヌアタイへ

img_6010

こちらでオイルマッサージを受けるがここで事件が!

オイルマッサージなので当たり前に洋服脱いでパンツのみで横たわって、タオル掛けるんだけど、施術始まってからずっと違和感が、、、

うつぶせから始まって、あおむけになったときに気が付いたんだけど、当たり前に女の人にやってもらえると思ってたらばりばり男でしたね!!

めちゃめちゃ知らん男に体なでられまくってましたね!

もちろんやばい部分はないけれど!!もちろん!!

img_6011

オイルマッサージは350ペソでしたがこのあとめちゃくちゃに機嫌が悪くなりました。

 

カジノに行ってみる

宿泊しているコンドミニアムの近くにはウォーターフロントホテルがあって、その中にはカジノがあった。

img_6144

(カジノは撮影禁止なのでイメージ画像)

セブは物価も安くて、マカオとかに比べると私みたいなのでもカジノで遊びやすい。

昨日も少しのぞいた時にやってみようとしたのだけど、緊張してできなかった。

今日こそは!という気持ちでしたね。
今回は1000ペソ(2100円くらい)をチップに換えて、全部なくなるか、500勝ったらやめるという約束事を決めた。

img_6145

これ決めないときりがないもんね!ずっとやってたら負ける。

バカラとは

今回やるゲームはバカラというもので、めちゃくちゃ簡単にいうとバンカーとプレイヤーという役のどちらかが勝つかを当てるゲームという感じ。

勝ち負けはトランプカードの目をみて決まるのだけど、出たカードの下1ケタの合計が9を越えずに9に近いほうが勝ちみたいな感じ。引き分けにも賭けることができる。

絵札や10は0カウント。6、8とかで出たら足して14なので4みたいな。

バカラに挑戦

席が全部埋まっている卓の後ろから立ったまま参加。

ここのカジノのバカラ卓は最低のベット(掛け金)が500(チップ数)以上だったのだけど、いきなり今の私の持ち金の半分を賭けなければならないのか?!とか焦ってたら、そうでもないようだった。

最低ベット数より低い金額から参加したい場合は、同じプレイヤーもしくはバンカーに賭けている他のお客さんのフィールドに「おかせてください~」つって一礼してチップを置かせてもらえば良いのだ。

私が不慣れなのはみんなお察しだったので、誘導してくれたり、同じ卓の人たちがとても優しかった。

今回は100ずつ賭ける方法

勝ったら単純に+100になるので、そのまま100ずつ賭け続ける。
負けたら賭けた額の倍を賭けるというやり方でやってみた
持ち金が1000スタートで、100から賭ける

勝ったら+100 なので手持ちは1100に、次はまた100ずつ賭ける
負けたら-100 で持ち金は900

負けた場合、次のゲームで倍の200を賭ける↓

勝ったら+400 なので手持ちは1100に、次はまた100ずつ賭ける
負けたら-400 で持ち金は700

負けた場合、次のゲームで倍の400を賭ける↓

勝ったら+800 なので手持ちは1100に、次はまた100ずつ賭ける
負けたら-800 で持ち金は300

300になっちゃうともう倍には賭けられないので、やめるという感じ。
私のしょぼい予算だと3回連続負けたら終わりという感じだ。
ちょこちょこ勝ったり負けたりを繰り返した後に、手持ち+200の時点で引き分けのタイミングがきた。
過去の出目表を見ながら、引き分けの後の目は、引き分けの前に出た目と反転した目が出る可能性が高そうだったので、これはまた逆になるかもしれない、、!と勝手に予想して、今までの頑なに100ずつ賭けるルールを飛び越えいきなり300を賭けたら見事的中。

+300で合計+500の勝ちとなりました!

img_6146
わーいわーい!と喜んでいたら
ディーラーのおじちゃんに笑われて「チャイニーズ?」と聞かれた。
他のお客さんも不慣れで不釣り合いな私をにこにこしながら見ていた。

 

セブから帰ったあと、読んでいた沢木耕太郎の小説「波の音が消えるまで」の上巻(サーファーがマカオでバカラにのめり込む話)で、今回の私の賭け方はマーチンゲール法というのだと知った。

それと同時に、最も愚かな賭け方と書かれていて笑った。


【住所】Waterfront Hotel, Salinas Dr, Cebu City, 6000 Cebu, フィリピン
【営業時間】8:00-2:00

ナイトマーケットに行ってみる

昨日行ったビール屋で会った札幌在住のオーストラリア人のおじちゃんが言ってた、木曜から日曜しかやっていないITパークのナイトマーケットへ。

img_5809

行ったのは12時過ぎだったけれどそこそこ人もいて、お店もけっこうやっていました!

ローカルからしたら高いかもだけれど1食200~300ペソくらいで全て買うことができた。

マーケット内を一旦一周した後、ベトナムのフォーかタイのパッタイかで悩んで、結局パッタイに。

しかもスペシャルパッタイにした!

img_5812
なにがスペシャルかって、たまごに覆いつくされているのだ!!

すごいおいしかった!

パッタイをお腹に入れたら、みるみる機嫌がよくなり、パッタイすご~いってなりました。
img_5811
あとこのクソうますぎるマンゴードリンク。

99ペソ(208円)

中にクラッシュしたマンゴー氷の上にバニラアイス、マンゴーアイス、マンゴーの果肉のトリプル乗せの最高の飲み物。

飲み物界の圧倒的帝王という感じのおいしさ。すごいでかいよ
img_5818

あとはシーフード屋さんで買ったガーリックシュリンプかと思ったらガーリック貝?かたつむり?みたいなやつ。

貝かかたつむりかわからなかったしほんとはシュリンプ食べたかったけれど貝orかたつむりもおいしかった。


【住所】Garden Bloc, Inez Villa St, Apas, Cebu City, Cebu, フィリピン
【営業時間】木曜~日曜 17:00-1:00
地元の人向けではなかったこのマーケット。

すべてのお店が一定以上のクオリティのものをだしてて全部おいしかった!なにか審査とかあるのかな~??

img_5814-1

日本の料理だとラーメン、肉巻きおにぎり、餃子とかあったかな。

でもこれは多分日本のがおいしそうだった!

3日目も歩きまくって食べまくって最後にはお金も増えてとても良い一日でした。

7か月前